MENU

コレだけはおさえよう!おすすめの白髪隠しの大公開

 

髪全体にする白髪染めはなんとなく想像つくと思います。
やり方はこんな感じです↓
白髪染めの液を塗って⇒しばらく放置⇒洗い流す。

 

まあ、この方法が定番だと思います。

 

じゃあ、白髪隠しはどうか?

 

基本的には、部分染めと同じ方法ですが、
やり方はいろいろあります。
商品によって先端の形状や塗り方が違ったりします。

 

そこで!
白髪隠しの種類について説明したいと思います。

 

白髪隠しの種類

 

マスカラタイプ

 

ドラッグストアなんかで見かけるのがこれです。

 

形状がマスカラに似ています。
当然といえば当然ですよね、そもそも名前から想像がつきますよね。

 

特徴は、数本の白髪を染めるのに向いています。
細かい作業におすすめです!

 

難点としては容量が少ないのと、
白髪をまとめて染めるのに向いていないことですね。

 

 

 

刷毛(はけ)タイプ

 

筆のような形をしたものです。
最近はこのタイプが主流になりつつあります。

 

白髪をまとめて塗るのに向いています。
ちまちま白髪を染めるのが面倒な人におすすめですよ!

 

容量もありますし、ワンプッシュで自動的に白髪染めの液が出てくるのが特徴です。
筆で塗る感覚で使えます。

 

デメリットは1本の白髪を染めるのが難しいことです。
ある程度面積がありますので、白髪でない部分にも液がついてしまいます。

 

 

 

コームタイプ


髪をとかすクシを小さくしたような形状をしています。

 

イメージとしてはムースのような感じです。
ワンタッチで「プシュー!」と泡状の液が出てきます。

 

スーパーやドラッグストアで売っています。
広範囲の白髪を染めるのに向いています。
難点としては、頭皮や髪にダメージを与えてしまうことですね。

 

白髪隠しは何度も使うので、髪・頭皮に刺激が強いこのタイプはおすすめできません(-_-;)

 

 

ファンデーション

 

メイクのような感じで白髪隠しをすることができます。
女性の方はよくわかると思うのですが、
顔のファンデーション同様に伸びるんですね。

 

この特徴を生かして薄く広く伸ばして使うことができるので、
広範囲の白髪を隠すことができます。
持ち運びが便利なのもプラスポイントです。

 

マイナスなのは…すぐに乾かないので仕上がりがしっとりしてしまうこと。
そのため色移りしてしまうことがあります。
この辺は注意しましょう。

 

 

スプレータイプ

 

スプレーを吹き付けるだけで白髪隠しができます。
なんて簡単なんだろう!っと思いますが、デメリットもあります。
それはピンポイントで吹きつけることができないことです。
スプレーなので仕方ないですが(-_-;)

 

 

 

おわりに!

 

いろいろ種類がありますが、基本的にはあなたに合ったものを使用すればいいと思います。
大事なのは白髪を隠すことなのですから。
どれを選んだらいいかわからない人は、マスカラタイプか刷毛(はけ)タイプを選んでおけば問題ないですよ!